院長ブログ

2013年12月 7日 土曜日

五十肩を知る①

今回は肩の症状の中でも特に受診者の多い五十肩の神経支配について知っていきましょう

まず『五十肩』とは何でしょうか?

『五十肩』は診断名ではありません

医学的には回旋腱板(ローテータカフ)を損傷したものを言います。大雑把に言えば、肩関節周囲炎ですが、これも診断した人によりまちまち
私が見たカルテだけでも『腱板損傷』『上腕二頭筋長頭腱炎』『頸肩腕症候群』など

だからこそ、なかなか治りません。なかには1年間も治療しても治らない、という人も珍しくありません

はっきりと申しますと、1年間、放置すれば治ります(笑)

早く痛みから解放されるから治療なので、それ以外はただの癒しです

治療家の方は心して取り組んでくださいね



さて、腕が上がらない、肩が開かない、捻れないなど症状の違いで痛んでいる筋肉や関節の症状から判断していると思いますが、その治療内容は殆んど変わりません

マイクロや赤外線で暖めたり、低周波や干渉波で挟んでピリピリと電気をかけてみたり...

これらは全て『肩関節』に行っているところがほとんどです。もちろん『肩』が痛いのだから当然、と思っている方はまず、その治療を一度見直してみてください


まず、ご自分の体をチェックしてみて下さい

肩を動かせば回旋腱板以外にも微妙に動く筋肉があります

それは肩以外の場所、胸や背中にあるのをハッキリとわかるはずです

お気軽にご相談下さい。


新小むちうち,治療,方法, も 新小岩ひかる接骨院へ

夜8:00まで受付
月~金 9:00~12:30
    15:00~20:00
土日  9:00~13:00

水祭 休み

03(5879)3542

交通事故のホームページはこちら→http://www.koutsujiko-chiryou.net

投稿者 新小岩ひかる接骨院

アクセス


大きな地図で見る
■住所
〒124-0024
東京都葛飾区新小岩2-13-1-102

お問い合わせ 詳しくはこちら