院長ブログ

2014年2月16日 日曜日

雪の日の転倒

今年は本当に雪が多いですね。一昨日の雪が私の自宅や接骨院の周りにもまだ多く残っています。

歩行者の方も、歩道の雪があるため車道を歩く姿が目に付きます。

今回の雪は雨が降った事もあり、二層になっています。上の層は凍り状の白い雪、下の層は静を含んだシャーベット状の雪です。

この場合、下の層のシャーベット状の雪が非常に滑りやすいのです。

水分を含んだシャーベット状の雪が靴底に 『水分の膜』 をつくり、ちょうど自動車のタイヤで言う
  『ハイドロプレーニング現象』 と同じ現象が起こります。

その結果、東京都内だけでも104人の方が転倒により負傷しています。

雪国の方に比べると東京の人は、寒いからといってポケットに手を入れて歩いたり(転倒時に手が使えません)
、女性は内股で歩いたり(母趾に体重がかかる)、など雪の上の歩き方を知らない方が多いようです。


靴底が平らなものよりも、溝がついているものを選び、ポケットに手を入れずに外股にしてゆっくり歩きましょう。


むち打ち,交通事故治療、五十肩、ぎっくり腰 も 新小岩ひかる接骨院へ

夜8:00まで受付
月~金 9:00~12:30
    15:00~20:00
土日  9:00~13:00

水祭 休み

03(5879)3542

交通事故のホームページはこちら→http://www.koutsujiko-chiryou.net


投稿者 新小岩ひかる接骨院

アクセス


大きな地図で見る
■住所
〒124-0024
東京都葛飾区新小岩2-13-1-102

お問い合わせ 詳しくはこちら