院長ブログ

2016年10月29日 土曜日

オスグッドは成長痛なのか?

このところ、急に気温が下がってきました。風邪気味の方も見られるようになって来ました。皆さん、風邪の一番の予防はうがいと手洗いです。今年の冬も実践してくださいね。

さて成長痛のなかでも多く見られる子供のひざの痛み、『オスグッドシュラッター病』、治らないと思っている方も多いかと思います。

オスグッド・シュラッター病(以下、オスグッド)は膝頭の下にある脛骨粗面という突起の痛みがある物を言います。その分類も軽いものから重症のものまであり、重症のものでは手術を必要とするものまであります。


もちろん、当院にもオスグッドの患者様はいらっしゃいますが、手術を勧めなくても治るものばかりです。

手術をした患者様にもお会いしましたが、手術痕はやはり残ります。

手術をすでにしてしまった方は仕方ないのですが、そうでない方は超音波治療と股関節を緩めることでこれまで、数多くの方のオスグッドの痛みは取れる、あるいは緩和することが出来ています。

総じて言えることですが、オスグッドの患者様はとにかく、『股関節が硬い』、です。

膝で感じている痛みはほとんどが股関節から伸びる太腿の筋肉の、あるいは腱の痛みです。

股関節が硬いということは、太腿の筋肉がつながっている膝付近を強く引っ張っている、という事。

言い換えれば、引っ張る筋肉を緩めれば痛みも緩和します。

一本の木につないだロープを大勢で強く引っ張れば、ロープが切れるか木が折れますよね。

ロープを筋肉、木を膝の骨、と考えれば容易に想像できると思います。

体が固い、股関節が固い場合は股関節が動いていない場合でも先の骨を引っ張り続けている為にストレスがかかり続けています。

子供の骨は成長のための成長軟骨が多く、当然やわらかいため剥離し易く、オスグッドのような症状も発生しやすいのです。

もし、薬やシップなどの治療のみでなかなか症状の改善が見られないお子さんをお持ちの方は一度、受診してみてください。

お力になれると思います。

むち打ち,交通事故治療、五十肩、ぎっくり腰 も 新小岩ひかる接骨院へ

夜8:00まで受付
月~金 9:00~12:30
    15:00~20:00
土日  9:00~13:00

水祭 休み

03(5879)3542

交通事故のホームページはこちら→http://www.koutsujiko-chiryou.net







投稿者 新小岩ひかる接骨院

アクセス


大きな地図で見る
■住所
〒124-0024
東京都葛飾区新小岩2-13-1-102

お問い合わせ 詳しくはこちら