皆様からの声

2017年6月 8日 木曜日

帯状疱疹は悩むより肋骨を調節してみてください。

大分、暖かくなってきましたが、朝晩の気温差には気を付けたいもの。患者さんの中には鼻かぜを引いたという話も聞きます。

体調管理にはくれぐれもお気をつけ下さい。

帯状疱疹ってご存知ですか?胸や背中、脇腹辺りに水ぶくれの様な物ができて、ちくちくする神経症状を伴う病気です。

これには、幼少期の水疱瘡(みずぼうそう)が関わってくるのですが、このときに感染するウイルスが『ヘルペスウイルス』で、これは、一度感染すると体から追い出すことは出来ません。自分の免疫力によってその働きを抑えるだけです。

ですのでヘルペスウイルスを抑えつける免疫力が低下すれば再発します。

内科や整形外科などで抗生剤や塗り薬をもらっている方も多いかと思いますが、いつまでも痛みが取れず、何ヶ月も辛い思いをしている方が多いようです。

それならば一度、当院の肋骨治療を受けてみてください。肋骨と肋骨の間を通る肋間神経を調整する為、楽に痛みが改善します。

治療期間は長くても3週間程度ですが、痛み自体は2~3日程度で引きます。再発することはほとんどありません。

もちろん薬によるかぶれなどの副作用なども、もちろんありませんので安心してください。

この治療は帯状疱疹だけでなく、肋間神経と関係する痛みであればすべて当てはまります。

いわゆる肋間神経痛に悩んでいる方は悩み続けるより前に早くお越し下さい。

投稿者 新小岩ひかる接骨院

カレンダー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
アクセス


大きな地図で見る
■住所
〒124-0024
東京都葛飾区新小岩2-13-1-102

お問い合わせ 詳しくはこちら