院長ブログ

2017年6月24日 土曜日

なぜ、歯槽膿漏は治らないのか?

こんいちは、暑い日が徐々に増えていますが熱中症には十分に注意して、日々をお過ごしくださいね。

さて先日、来院された年配の女性患者さんは最初、右膝が辛い、という事で御来院頂いたのですが、膝がそろそろ治りそう、というときにその方から、

『膝が治っても、まだしばらくはバスでここまで通わなくちゃいけないのよ。』

『どうしたのですか?』

『歯槽膿漏で歯茎が痛くてずっと消毒をしにきているのよ。』

そこで私が、

『それなら、もしかしたら三叉神経が関わっているのかもしれませんよ。』

そこでその日から3回、三叉神経痛の治療『CP療法』(自費治療)をやってみました。結果は・・・。


案の定、三叉神経痛でした。三回の治療で歯茎の痛みは完全に消滅しました。

しかも、その方の歯茎には、もう残り2本しか自分の歯がありませんでした。これを抜いてしまうと歯茎が更にやせてしまいます。入れ歯も毎年作り変えなければならなくなります。

なので、その方は本当に喜んでいました。

あなたが感じている歯茎の痛みは、本当に歯槽膿漏ですか?三叉神経痛ではないですか?

一度、確認してみてください。きっと、見落としている症状がありますよ。


新小岩ひかる接骨院
03-5879-3542

投稿者 新小岩ひかる接骨院

アクセス


大きな地図で見る
■住所
〒124-0024
東京都葛飾区新小岩2-13-1-102

お問い合わせ 詳しくはこちら