院長ブログ

2018年1月18日 木曜日

意外と多い!肩甲骨の痛み

寒い日が続いていましたが、この2~3日は急に寒さが緩んで日中は楽に過ごせましたね。

ただ、寒暖差が激しいと風邪を引く方もいるようです。

風邪の予防にはとにもかくにも、うがいと手洗いが一番! 
これからはインフルエンザも流行してきますので、気をつけてくださいね。

新患の患者様はそれぞれ悩んで来院してくるのですが、以外に(?)多いのが肩甲骨の間の痛みです。

肩甲骨間部とも言いますが、マッサージをしたりシップを貼ったりしてもなかなか治らない為、長い間悩んでいる方が多いのも特徴です。

もちろん、マッサージをすれば一時的には楽にはなるようですが、根本的には緩んでいないので、すぐに元に戻ってしまいます。

直接触れない部位でもないのに、何故こんなに治りづらいのでしょうか?

それは肩甲骨周囲の解剖学的な理由があります。

マッサージをするのは直接押したり、こねたりすることがほとんどです。

確かにそうすることで、一時的には気持ちが良いので楽にはなります。ただ、通常の筋肉のマッサージはその筋肉の幅があるので問題がないのですが、肩甲骨周囲の筋肉はその幅が非常に狭くマッサージの難易度は高いです。

肩が辛い時にマッサージを受ける際、 『肩甲骨のところも痛いから・・・』

といって揉んでもらってもなかなか納得できる治療を受けられないという話を良く聞きます。

では、どうすれば良いのでしょうか?

 実は、肩甲骨周りの治療に必要な事とは、肋骨と背骨を緩めることです。

これには少し特殊な技術が必要なのですが、これが動けば肩甲骨周りは劇的に楽になります。
常に腕が重く感じていたり五十肩の方や、すぐに肩が凝ったりする方は、一度やってみると良いと思います。

きっと世界が代わりますよ。お気軽にお問い合わせくださいね。

むち打ち、交通事故治療、五十肩、ぎっくり腰は新小岩ひかる接骨院

月~金 9:00~13:00  15:00~20:00
土・日 9:00~13:00

水祭 休診

お問い合わせ 03(5879)3542

交通事故のホームページはこちら→http://www.koutsujiko-chiryou.net








投稿者 新小岩ひかる接骨院

アクセス


大きな地図で見る
■住所
〒124-0024
東京都葛飾区新小岩2-13-1-102

お問い合わせ 詳しくはこちら