院長ブログ

2018年2月14日 水曜日

ぎっくり腰を一度で治すこと!

まだまだ寒い日が続いています。運動不足によるケガも多い季節です。
皆様は準備運動をしてからスポーツや日常を過ごして予防してくださいね。

年始から先日まで、巷ではインフルエンザのB型が流行しています。今年当院ではいわゆる 『ぎっくり腰』 の方がとても多いです。

特に家の整理をしようとして中腰になったときに発生しています。

この '中腰になる' という事が危険です。
もちろん防ぐ方法はあるのですが、ここではストレッチほうをあえて記しません。

しかし、腰がいたい、という事は大変不便です。体の中心にあるため起き上がることも歩くことも出来なくなります。日常生活に非常に影響が大きいケガだといえます。

 ですので極力、短時間で治す必要があります。


 さて、危険な姿勢の '中腰' ですが、なぜ危険なのか?

それは、私が一度の治療で痛みをとることが出来ることと関係があります。

人は、中腰になると体が動きやすくなります。

椅子などに座った状態ではわかりづらいかもしれませんが、体を伸ばしたままより、中腰になったほうが足の動く角度も多少なり大きくなります。それを利用して私は関節を元に戻して治療しているのですが、単に物を拾い上げようとする場合は命取りです。

本来は固いはずの体を動かしているのですから、体を伸ばして元に戻そうとすれば関節がいわゆる、ロック状態になります。途中で止まってしまうのです。

なので、体が固いと自覚がある方は極力中腰を避け、体を伸ばしたまま腰を落として物を持ち上げましょう。

もし最悪、'ぎっくり腰' になってしまったら、一時間でも早く当院にお越し下さい。

お帰りの際には楽に動けるようにすることをお約束します。

むち打ち、交通事故治療、五十肩、ぎっくり腰は新小岩ひかる接骨院

月~金 9:00~13:00  15:00~20:00
土・日 9:00~13:00

水祭 休診

お問い合わせ 03(5879)3542

交通事故のホームページはこちら→http://www.koutsujiko-chiryou.netむち打ち、交通事故治療、五十肩、ぎっくり腰は新小岩ひかる接骨院




投稿者 新小岩ひかる接骨院

アクセス


大きな地図で見る
■住所
〒124-0024
東京都葛飾区新小岩2-13-1-102

お問い合わせ 詳しくはこちら