院長ブログ

2021年7月27日 火曜日

危険!リモートワークがもたらす寝違え

いよいよ東京五輪、始まりました。すでにメダルを獲得している競技もあり、当初言われていたよりは運営もスムーズに行われているようでなによりです。

当院でも治療は通常通り行っています。ここで皆さん、特に自宅などでリモートワークをしている方々に気を付けていただきたいことがあります。

長時間、椅子に座りっぱなしで体を動かさないと起こりやすい症状が二つあります。

ひとつはぎっくり腰、そしてもう一つは「寝違え」です。
そしてこの二つは全然違うようで実はとても関連があります。なぜかって?
どちらも背骨の症状だからです。

ぎっくり腰のメカニズムは以前にも投稿しましたのでここでは詳しくは述べませんが、どちらも背骨を取り巻く筋肉が原因です。ぎっくり腰は股関節の中でも大腰筋や脊柱起立筋が攣って起こる症状ですが、首の寝違えもこの脊柱起立筋とそれに関わる筋肉が原因です。

良く聞くのが、「寝違えは揉んではいけない」と言われていますが、そんなことはありません。ただ揉んでもあまり効果は期待できないのが現実です。もちろん首肩周りを揉んで弛めるのですから多少は良くなった気にはなりますけどね。
もちろん、痛みを感じるほどに強く揉んでしまえば寝違えではなくてもさらに痛くなることもあります。
いわゆる揉み返しです。

ではどうすれば良いのか?それは、まず腰の硬さを治すことが重要だ、ということです。
先ほども書いた通り、首も腰も背骨の一部です。いわゆる発生原因は、背骨の土台である腰にあるということ。
そしてこれをちゃんと治療できればその場で首は動くようになります。

もちろん自分で腰と首を治療することはできません。その場合はまず腰と首の両方を15分程度、氷で冷やしてください。その後で痛み止めの薬を塗り、シップを貼って安静にしてください。少しは楽になるはずです。

もちろん、すぐにでも治したければできるだけ早く当院までお越しください。お役に立てると思います。




投稿者 新小岩ひかる接骨院

アクセス


大きな地図で見る
■住所
〒124-0024
東京都葛飾区新小岩2-13-1-102

お問い合わせ 詳しくはこちら