院長ブログ

2021年9月14日 火曜日

地面が揺れる、メニエール症候群の治療

眩暈(めまい)や、ふらつきの症状、メニエール症候群は実は私が整形外科のリハビリ室勤務の頃からのかかわりがあります。当時受け持ちの患者様に「メニエール症候群と診断されたけど・・・」と相談を持ち掛けられました。

ただ「目は回るけど首元が張って辛い」とも聞いていたので首のリハビリを行うことにしたのですが、その翌日に
「今朝は目が回らずに起きられた。」と報告を受けました。そのまましばらく治療を続けて、薬を飲むこともなくなり、無事に完治することが出来ました。

それ以来、メニエール症候群の患者様が次々と来院してくるようになりましたが、ひとつ気が付いたことがありました。

ほとんどの方は症状を感じている側に、痛みを伴うほどの筋肉の緊張がみられました。

耳鼻科などで診察を受けたことのある方なら説明を受けているかと思いますが、眩暈を伴う症状にかかわるのはリンパ管の中にバランスを取るための耳石が関わっていて、これが悪さをするのが原因とされています。

あるいは眼球を支える筋肉が細かく縮むことが原因、という説明をすることもあるようです。

私どものところで受診して完治した患者様を診ているとそのどれも当てはまらないようです。

体のバランスを取るのに重要な器官に小脳があります。後頭部にあるのですがこれに加えて眼球を動かしている神経に原因があるように思われます。いわゆる脳神経の3~6番目の神経です。

これを弛めるために後頭部と側頭部に物理的に刺激を加え、さらに小脳周囲を理学的に弛めます。

これを行うと頭部を取り巻く筋肉の緊張が取れるのでそれだけでも、頭部が楽になります。
そして翌日、早ければその場で眩暈が収まります。

メニエール症候群は完治することが難しく、長期に亘り薬を飲み続けても症状を抑えるだけ、など完治しない方がとても多い病気です。もし、これまで薬を飲み続けいても改善が見られずに悩んでいる方は、一度当院にご相談ください。

きっとお役に立てると思います。

投稿者 新小岩ひかる接骨院

アクセス


大きな地図で見る
■住所
〒124-0024
東京都葛飾区新小岩2-13-1-102

お問い合わせ 詳しくはこちら