院長ブログ

2022年1月24日 月曜日

ぎっくり腰、なぜ繰り返すのか?

新型コロナ禍により、最近も増え続けているのが ' ぎっくり腰 ´ です。

それ以前も連休明けや休日明けにも多く見られましたが、リモートワークのおかげか、昨年から今年は、ぎっくり腰の患者様が本当に増えています。

以前にもこのブログでお伝えしましたが、ぎっくり腰は所謂 ` ねんざ  ' ではありません。足や肩、肘のように関節を捻ったり伸ばしているわけではないからです。
腰を痛めるときは、椅子から立ち上がった時、ベッドから起き上がった時、ものを拾い上げたり持ち上げた時など、体を真っすぐに起こした時に発生します。特に、ものを持ち上げた時は、それほど重いものを持ち上げているわけではないのに突然、「グキッ!」となります。体をひねっているわけではありません。ではどのような状態なのか?

皆さんは就寝中、あるいは起床時に背伸びをした時などに、ふくらはぎを攣った (つった) 経験はありますか?

ぎっくり腰はまさに、腰や股関節周囲の筋肉の攣った状態です。ふくらはぎと違うのは腰にかかわる筋肉は大きくて、しかも直接冷やしたり薬を塗ったりできないことです。そのためコルセットで固定し、シップを張って痛みが引くのを待ちます。通常3~4週間ほどで完治しますが、年齢や体格等の条件で期間は多少前後します。

ちなみにに当院でぎっくり腰の平均治療期間は2~3週間ですが、本当に痛みがあるのは最初の3日間です。
これには理由があり、筋肉に炎症が発生するとそれが約72時間持続します。そのため、治療初期には氷でアイシングをしたり、入浴を控えてもらったりします。炎症が取れればあとはどんどん痛みが引いていくのがわかると思います。

ここで一番大切なのは、痛みが引くことよりも、けがにより筋肉が瘢痕化して固くなることを防ぐこと。それを怠ってしまうとぎっくり腰は何度でも繰り返します。しかも回を重ねるごとに痛みが強くなり、しまいには救急車での搬送、という方もいます。

それが怖くて、治療が終わってもコルセットを使い続けている方もいますが、それはNGです。
股関節や腰の周囲の関節や筋肉が固まってしまい、かえってぎっくり腰を発生させやすくなってしまうのです。

そのため、ぎっくり腰の治療で大切なのは炎症が改善してきたら、腰・股関節の運動リハビリを直ちに開始することです。

もちろん炎症が取れ初めのころに強い運動はできないので、初めのうちは様子を見ながら動かしていき、徐々に回数や強さを増していきます。

3週間後に普通にストレッチができるようであれば治療は完了となります。

ですから、ぎっくり腰はシップを張るだけではだめです。必ず、初期の炎症時のアイシング、その後の運動リハ、最後にコルセットを使わない生活。これらが繰り返すぎっくり腰に悩まされないための大切なことになります。

むち打ち,交通事故治療、五十肩、ぎっくり腰、巻き爪 も 新小岩ひかる接骨院へ

夜8:00まで受付
月~金 9:00~12:30
    15:00~20:00
土日  9:00~13:00

水祭 休み

03(5879)3542

交通事故のホームページはこちら→http://www.koutsujiko-chiryou.net

投稿者 新小岩ひかる接骨院 | 記事URL

2022年1月24日 月曜日

バネ指はこう治す、切らないで治す方法とは

バネ指、意外と悩んでいる方、多いですよね?

弾発指というのが正式名称です。特に親指に多く見られますが、指を伸ばすときに「ピーン!」とバネで弾かれたように伸びることからそう呼ばれています。
指を曲げ伸ばしするときに動く屈筋腱の一部や、屈筋腱を包む腱鞘が腫れあがって通過障害が起きています。

ところでこのバネ指、整形外科では最初、炎症を抑えるために患部に注射を施します。ステロイドですね。だいたい3~5回が目安です。これはとても痛いのですがそれでも治ればよいほうです。
ステロイド注射でも治らなければ、いよいよ腱鞘を切開する手術をします。

もちろん手術なので切開後はしばらくの間は指の動きが悪くなります。当然ですが手術後なので傷跡が残ります。

予後はまあまあというところですが、私が診た方の中には数年後に術跡の瘢痕組織が固くなり、若干の痛みが出ることがあるようです。

実は、傷跡も残らず、痛みも最小限の治療法があります。それが超音波による腱鞘治療法です。

超音波はその特性を生かして、皮膚の内側に高音の刺激を当てることにより組織の炎症や瘢痕組織を弛めることに優れています。最小限の痛み、といっても治療後は、むしろ痛みが抑えられて楽になるので安心です。
もちろん傷跡や後遺症などはありません。

症状にもよりますが、治療期間はだいたい一ヶ月程度が多いようです。

「バネ指は痛いので治したいが、手術はちょっと・・・。」と思い悩んでいる方は、ぜひ一度、お気軽にご相談ください。きっと力になれると思います。

むち打ち,交通事故治療、五十肩、ぎっくり腰も 新小岩ひかる接骨院へ

夜8:00まで受付
月~金 9:00~12:30
    15:00~20:00
土日  9:00~13:00

水祭 休み

03(5879)3542

交通事故のホームページはこちら→http://www.koutsujiko-chiryou.net


投稿者 新小岩ひかる接骨院 | 記事URL

2021年12月 7日 火曜日

坐骨神経痛は治ります。しっかり検査すればですが・・

寒くなってきました。神経痛に悩んでいる方には辛い季節になりました。神経痛と言っても様々です。
三叉神経痛、肋間神経痛、坐骨神経痛など・・・。

最近、急に坐骨神経痛の患者様が増えましたが、当院では以前から神経痛患者様が非常に多く来院します。
そのほとんどが他院からの転院です。

皆さんがこれまで受けてきた治療はというと、患部のマッサージや筋トレなどの運動リハビリ、リリカやメチコバールのどの神経痛用の処方やシップ、ハリ治療などです。もちろん、効果のあった方もいるのでしょうがそれらをもってしても改善が見られなくて、人伝に当院を訪れます。

特に多いのが、最初の問診時に股関節の徒手検査をするのですが、「こんなことは初めてされた。」という方が実に多い。びっくりします。初診ではわかりづらい症状も実際にあります。例えば、どのあたりに痛みがありますか?と尋ねると「このあたりが・・」とか「この足全体が・・」とか答える方がいます。しかし、そのほとんどは坐骨神経痛とは言えない症状だったりします。

坐骨神経は、皆さんのお尻の尾骨のあたりから左右に出ています。そこから太腿の後ろを通って膝裏からふくらはぎの外側を通って足先まで到達します。当然太腿の前部は関係ありません。

では実際、どうすればこんなにつらい神経痛を改善できるのか?

答えはお尻にあります。尾骨の左右少し斜め上あたりが坐骨の出処なのですがここを施術します。
この時に指や硬いもので「グイグイ!」っと強く刺激をしては決していけません。坐骨神経に限らず、神経を強く刺激することはかえって痛みを増幅させてしまいます。

ではどうするのか?、というと患部をカイロなどで温めてから、手のひらで円を描くように優しく擦ります。これでも多少は痛みが和らぎますが、これに加えて座った状態で足を組み、上になった足の膝を両手でゆっくりと内側に向けて圧迫します。お尻のあたりにうっすらと痛みと張り感が出ると思いますがその状態で20~30秒間静止します。
この時、決して強い痛みを感じるほどに強く刺激をしてはいけません。これは梨状筋ストレッチの方法なのですが、これを繰り返すと一時的にですが痛みが和らぎます。

いかがですか、和らぎましたか?wink

もちろんこれで完治するわけではありません。この痛みを感じている神経を改善するには、患部の「弛み」が必要になります。これまで多くの患者様がこの、「弛み」を体験して辛い神経痛から解放されています。それが当院で多くの臨床経験から開発されたPCBA療法です。

ひざの変形からくる痛み、首の変形からくる痛み、様々な神経痛や関節痛にも対応しています。
これまで、様々な治療を受けてもなかなか症状が改善しなくて悩まれている方は一度体験してください。おそらく初めての体験で早速、改善がみられることになると思います。


むち打ち,交通事故治療、五十肩、ぎっくり腰、巻き爪 も 新小岩ひかる接骨院へ

夜8:00まで受付
月~金 9:00~12:30
    15:00~20:00
土日  9:00~13:00

水祭 休み

03(5879)3542

交通事故のホームページはこちら→http://www.koutsujiko-chiryou.net

投稿者 新小岩ひかる接骨院 | 記事URL

2021年11月15日 月曜日

接骨院で巻き爪治療?と思っている方、必見です。

最近、徐々に巻き爪のご相談が増えてきました。でも、「皮膚科でもないのになぜ、巻き爪の治療を接骨院でしているのでしょうか?」と聞かれることが多いですw

その理由は簡単で、物理療法での電気治療や超音波治療を行うときに足の指を拝見することが多いから、です。
しかもどの方も一度ならず数回ほどの治療を受けられています。

麻酔を直接指に打ってから爪を除去したり、針金ワイヤーを両端に引っ掛けて開いてみたり、反発プレートを貼り付けてみたり・・・。
最後には、やれることがなくなって食い込んでいる角を切るだけ、あるいは切らずに伸ばしたりと結局は治すことが出来ません。

完治しないのは当然で、どの治療法も爪の状態を理解せず、形にだけこだわっているからです。

当院には老若男女、様々な患者様がいらっしゃいますが、その中で多くの巻き爪状態の足を観察してきました。
そこで一つの結論に達しました。

「爪の一部が肥大している」

そこで肥大した爪の全体を平らにしてみました。
ただこれは、変形が大きすぎる方や痛みが強い方にはさらに強う痛みを伴うためできません。そのため特殊な器具を用意して爪の肥大を取るようにしました。

すると、巻いていた爪が自然に広がり、食い込んでいた端の部分が出てきます。ある患者様は伸ばしていた爪の一部が櫛のようになって皮膚に突き刺さっていました。この方は毎回、皮膚科で爪を切ってもらっていたそうですが隠れた部分がとがって残ってしまったようです。

治療後の爪は普通の爪と大差がないように見えますが、まさにその通りであとは普通の爪のように短く切っても大丈夫です。
私どもは接骨院ですが、日々、多くの患者様を観察することにより、巻き爪の性質を知ることが出来たのです。
これを臨床経験というのであれば、どの治療院や施術院よりもより深く確実に理解したための治療法です。
これまで、受診した患者様の再発はこれまでありません。

巻き爪は長期に亘って悩んでいる方が多い症状です。一時的に痛みを取るのではなく、ずっと痛みから解放されたい、完治したいと思っている方は一度当院までご相談ください。






むち打ち,交通事故治療、五十肩、ぎっくり腰、巻き爪 も 新小岩ひかる接骨院へ

夜8:00まで受付
月~金 9:00~12:30
    15:00~20:00
土日  9:00~13:00

水祭 休み

03(5879)3542

交通事故のホームページはこちら→http://www.koutsujiko-chiryou.net

投稿者 新小岩ひかる接骨院 | 記事URL

2021年10月25日 月曜日

肩のコリは揉んでも治らないのはなぜ?

10月に入り、急に冷え込んできました。この季節になると肩の症状の方がチラホラ・・・。

そうして寝起きやパソコンなどの事務作業が辛くなり、ついには頭痛になることも少なくありません。
頭痛のメカニズムは簡単で頭部を包む筋肉が緊張して発生します。これには首や肩回りの筋肉に影響を受けることがほとんど。
それに耐えられずになるとマッサージを受けることになるのですが、ここに問題があります。

果たしてマッサージを受けて半日もすると、またコリが出てきます。何故でしょうか?


肩のコリを感じるのは筋肉ではありません。確かに筋肉は硬くなっているし、「確かに凝っているじゃないか。」
とお思いだと思いますが、凝っていると感じているのは神経が脳に伝えてその硬さを感じているだけです。
なんだかとんち問答のようですが、これが実は肩こりの治療をするうえで一番重要な事象なのです。

もっとはっきり言ってしまえば、神経が張り感や凝り感を伝えなければ筋肉は自然に柔らかくなります。
整形外科で肩にキシロカインなどの麻酔を注射するのも神経の遮断により緊張を取るためです。揉んではいません。

それでも完全には筋肉は緩まないことが多いのですが、先述した通り神経が高ぶってくるとまた、硬くなります。
何が必要なのでしょうか?

筋肉は関節を動かすときに硬くなって縮みます。でも凝った筋肉は関節の動きに関わらずに硬いのです。この硬さを取るために筋肉と神経の付け根から軸圧をかけてゆっくりと動かしていきます。この動きは神経根を直接弛めることになるので、自然に神経と筋肉も緩みます。
一度、神経から緩んだ筋肉は 「しばらくの間」 は硬くなることはありません。「しばらくの間」というのは、また筋肉を捻ったり、疲労が蓄積されるまでの間を指します。

もう一度、言います。筋肉は揉んでも一時的にしか緩みません。

経験してみたい方は一度、当院で経験してみて下さい。

むち打ち,交通事故治療、五十肩、ぎっくり腰 も 新小岩ひかる接骨院へ

夜8:00まで受付
月~金 9:00~12:30
    15:00~20:00
土日  9:00~13:00

水祭 休み

03(5879)3542

交通事故のホームページはこちら→http://www.koutsujiko-chiryou.net

投稿者 新小岩ひかる接骨院 | 記事URL

アクセス


大きな地図で見る
■住所
〒124-0024
東京都葛飾区新小岩2-13-1-102

お問い合わせ 詳しくはこちら