院長ブログ

2014年1月31日 金曜日

作戦会議はトイレで36

・・・続きです。


  その後、犯人を捕まえる完璧な 『武器』 を手に入れたボクは何事も無く接骨院の駐車場に着いた。その時ボクはわざとらしく、大きな音を立てて接骨院のシャッターを開けた。中に入り、残っている事務作業の準備をした。これまたわざとらしく二階に上がり昼間だというのに、あいかわらず隣の窓に明かりがついているのを確認してから、ドアを開けて事務所に入った。



  そうだ、掃除機も買いに行こう。ドンキホーテに行けばきっと売っている。と閃いた。さっきまで電気街にいて、すかり忘れていたボク。そんなことはさて置いて。

  「ついでにアイロンを買って制服の手入れもするか。」 と、薄い壁の向こうにいる誰かに聞こえるように独り言を言ってみた。


そういえば、お腹が空いた。買い物帰りに何か香りの強い食物を買ってきて、わざと部屋に置いて、誘き寄せる餌にしよう。



 ボクは買い物に出かけた。まずは100円ショップで赤いビニールテープを買った。5センチ幅の丈夫そうなものだ。プロレスラーじゃない限り、いや、プロレスラーでも無理だろう。


 その足でドンキホーテに向かう。家電コーナーに行くと、あった。サイクロン型の小型掃除機。これをボクは探していた。何故なら、紙パック式よりも音がはるかに大きい。ボクはここにいるよと、その存在感は大したものだ。



 犯人にしてみたらどうだろう。空き巣に入られた被害者が呑気に掃除なんかしているだろうか?。

  うん、掃除機ぐらいかけるだろう。生活しているんだし。

  じゃあアイロンは?。

  かけるな・・・。被害に関わらず洋服は着るもの。 引越しするなら別だが。

 でも、もし被害者が犯人に気づいていたら、警戒ぐらいはするだろう。まして大きい音を出して普通に生活などしていられないはずだ。しかもボクは本当なら今日は休みだ。犯人ならそのことを知っている。今日は自宅に帰ると知っているはずだ。





 掃除機とアイロンを購入したボクは帰り際に、ケンタッキーフライドチキンの看板が眼に入った。

  「これは香りの強い食べ物の代表格だぞ。」 店に入る前からチキンの揚がった香ばしい香り。これだ。


   ,犯人を誘き出す罠(トラップ)'




・・・次回に続きます。






むち打ち,交通事故治療、五十肩、ぎっくり腰 も 新小岩ひかる接骨院へ



夜8:00まで受付
月~金 9:00~12:30
    15:00~20:00
土日  9:00~13:00

水祭 休み

03(5879)3542

交通事故のホームページはこちら→http://www.koutsujiko-chiryou.

投稿者 新小岩ひかる接骨院 | 記事URL

2014年1月26日 日曜日

本当に膝の痛み?

当院に、いらっしゃる患者様の多くは 『膝』 の痛みを抱えています。

レントゲンを撮ったら関節の軟骨が減っていた、とか ヒアルロン酸の注射をしたけど何も変わらなかった、とか。

もちろん、手術を勧められている方もいます。

レントゲン写真を診て、

 『これは手術した方がいい』 

と、言う患者様も中にはいます。これまでにも何度か手術をお勧めしたこともあります。


でも、AKA療法を受けたほとんどの患者様は、手術することなく痛みも取れて普通の生活を送れるようになっています。

 
 

 なぜなら、直っている患者様の痛みは膝関節そのものの痛みではなく、膝の周囲の筋肉の緊張や関節の機能不全が原因の 『偽ひざ関節症』 だからです。

膝にストレステストをすれば、本当に膝そのものの痛みなのか、ひざ周囲の痛みなのかすぐに分かります。

そして、膝に 『ゆるみ』 をつくってみると大抵の場合、その場で痛みが取れていたり、楽に歩けるようになっています。

要するに、ひざが本来の機能を失っているだけなので、ひざ周囲の緊張を取り除いてあげるだけで、モトのように歩けるようになります。

もちろん手術が必要な方もいますので、その場合は紹介状を書いて病院での手術もお勧めしますが、まずは
膝のストレステストや痛みの関連領域を調べてみれば、詳しく分かります。

でも、大抵の場合は腰や股関節が原因の 『偽ひざ関節症』 です。

自分は本当に、 『ひざ関節症』 なのか 『偽ひざ関節症』 なのか調べてみてください。

必要なら、当院でお調べいたします。お気軽にご相談下さい。



むちうち,交通事故治療、五十肩、ぎっくり腰 も 新小岩ひかる接骨院へ

夜8:00まで受付
月~金 9:00~12:30
    15:00~20:00
土日  9:00~13:00

水祭 休み

03(5879)3542

交通事故のホームページはこちら→http://www.koutsujiko-chiryou.

投稿者 新小岩ひかる接骨院 | 記事URL

2014年1月25日 土曜日

腱鞘炎は肘から治す。

腱鞘炎に悩んでいる患者様はかなり多いのですが、ほとんどの方が よく手を使う方。

例えば、テニスや剣道をしている方。トラックなどで重たい荷物を運んでいる方など。

皆さん、それなりには治療しているようですが、ほとんどの場合、

  手首をマッサージ

するだけで治療することが多いようです。


ここで皆さんに知っていていただきたいのが、関節は 『筋肉』 が動かしているということです。

そして筋肉は、一つ手前の関節から伸びてきている、ということです。 例えば、手首なら肘から、足首なら膝から

ということです。

手首に痛みを感じている肩の肘関節からは、ストレッチすると、不自然な関節音がしたりします。

時には、手首の関節をほとんど動かさないでも、肘のストレッチだけで痛みが和らぐこともあります。

その後のケアとしては、肩から肘、手首までのストレッチを続けてもらうことで状態を維持します。


信じられない、と思う方。一度お越し下さい。



むちうち,交通事故治療、五十肩、ぎっくり腰 も 新小岩ひかる接骨院へ

夜8:00まで受付
月~金 9:00~12:30
    15:00~20:00
土日  9:00~13:00

水祭 休み

03(5879)3542

交通事故のホームページはこちら→http://www.koutsujiko-chiryou.

投稿者 新小岩ひかる接骨院 | 記事URL

2014年1月24日 金曜日

作戦会議はトイレで35

・・・続きです。

店員に100万ボルトのスタンガンを見せられてボクは、

 みつけた!。これこそ最強だ。やっと手に入れたぞ。

これまでの不安感が一気に吹き飛び、体中に勇気がみなぎってきていた。

 


 その後も、どうやって逃げるか説明を続けようとする店員を制止して、

  「この警棒型スタンガンに決めた。他にお勧めはないの?」

  


 詳しくは書けないが、これが防犯?と思うものも多数あった。これを犯罪に使われたらやはり危険だ。
中でも手錠を買うかどうか、最後まで悩んだが結局やめた。なぜか?。たぶんボクは鍵を失くすだろうから。もし失くしたときに間違って誰かに手錠をかけてしまったとしたら、大騒ぎになってしまう。

 催涙スプレーとスタンガンを購入したボクは、車を接骨院に向けて走らせた。

   「そうだ、手錠の代わりにビニールテープを100円ショップで買おう。」

  これで全ての武器は揃った。完璧だ。


・・・次回に続きます。


むちうち,交通事故治療、五十肩、ぎっくり腰 も 新小岩ひかる接骨院へ

夜8:00まで受付
月~金 9:00~12:30
    15:00~20:00
土日  9:00~13:00

水祭 休み

03(5879)3542

交通事故のホームページはこちら→http://www.koutsujiko-chiryou.

投稿者 新小岩ひかる接骨院 | 記事URL

2014年1月23日 木曜日

作戦会議はトイレで34

・・・続きです。

「これは警棒のように長くすることで、より相手に届きやすくなったものです。棒の先端だけでなく、万が一、相手に棒を握られてもいいように、棒自体も、スパークします。」

  

   よし、これなら、相手の攻撃を受けるより先にダメージを与えられるぞ。



  「これは何ボルトなの?」 と期待を込めてボクは尋ねた。

  「これも70万ボルトですが、別のこっちは100万ボルトです。」

         『100万ボルト・・・。 』

 これを人に当てたらどうなるのか?例えば防寒着の上から当てたとしたら・・・。



  「防寒着は関係ありません。当てられた場所、例えば服の上から腕に当てたら、その腕はもう暫く動かなくなってしまいます。そのまま大腿に当てれば歩けなくなってしまうでしょう。その隙に逃げればいいのです。」

  「なんだ体中が痺れる訳じゃないんだ・・・。」

  「何言ってるんですか。胸とか首に当てたら、心臓が止まってしまいますよ。」



みつけた!。これこそ最強だ。やっと手に入れたぞ。


・・・次回に続きます。

むちうち,交通事故 も 新小岩ひかる接骨院へ

夜8:00まで受付
月~金 9:00~12:30
    15:00~20:00
土日  9:00~13:00

水祭 休み

03(5879)3542

交通事故のホームページはこちら→http://www.koutsujiko-chiryou.net 

投稿者 新小岩ひかる接骨院 | 記事URL

アクセス


大きな地図で見る
■住所
〒124-0024
東京都葛飾区新小岩2-13-1-102

お問い合わせ 詳しくはこちら