院長ブログ

2021年10月25日 月曜日

肩のコリは揉んでも治らないのはなぜ?

10月に入り、急に冷え込んできました。この季節になると肩の症状の方がチラホラ・・・。

そうして寝起きやパソコンなどの事務作業が辛くなり、ついには頭痛になることも少なくありません。
頭痛のメカニズムは簡単で頭部を包む筋肉が緊張して発生します。これには首や肩回りの筋肉に影響を受けることがほとんど。
それに耐えられずになるとマッサージを受けることになるのですが、ここに問題があります。

果たしてマッサージを受けて半日もすると、またコリが出てきます。何故でしょうか?


肩のコリを感じるのは筋肉ではありません。確かに筋肉は硬くなっているし、「確かに凝っているじゃないか。」
とお思いだと思いますが、凝っていると感じているのは神経が脳に伝えてその硬さを感じているだけです。
なんだかとんち問答のようですが、これが実は肩こりの治療をするうえで一番重要な事象なのです。

もっとはっきり言ってしまえば、神経が張り感や凝り感を伝えなければ筋肉は自然に柔らかくなります。
整形外科で肩にキシロカインなどの麻酔を注射するのも神経の遮断により緊張を取るためです。揉んではいません。

それでも完全には筋肉は緩まないことが多いのですが、先述した通り神経が高ぶってくるとまた、硬くなります。
何が必要なのでしょうか?

筋肉は関節を動かすときに硬くなって縮みます。でも凝った筋肉は関節の動きに関わらずに硬いのです。この硬さを取るために筋肉と神経の付け根から軸圧をかけてゆっくりと動かしていきます。この動きは神経根を直接弛めることになるので、自然に神経と筋肉も緩みます。
一度、神経から緩んだ筋肉は 「しばらくの間」 は硬くなることはありません。「しばらくの間」というのは、また筋肉を捻ったり、疲労が蓄積されるまでの間を指します。

もう一度、言います。筋肉は揉んでも一時的にしか緩みません。

経験してみたい方は一度、当院で経験してみて下さい。

むち打ち,交通事故治療、五十肩、ぎっくり腰 も 新小岩ひかる接骨院へ

夜8:00まで受付
月~金 9:00~12:30
    15:00~20:00
土日  9:00~13:00

水祭 休み

03(5879)3542

交通事故のホームページはこちら→http://www.koutsujiko-chiryou.net

投稿者 新小岩ひかる接骨院 | 記事URL

2021年10月22日 金曜日

ばね指の仕組み、治療

いよいよ本格的な寒さを予感する雨が降っています。寒い一日になりそうですがコロナ禍でもありますし、風邪などには十分気を付けて(?)お過ごしください。

時々相談を受けるのが、「ばね指」です。

通常、整形外科で行う施術は患部に直接、ステロイドを注射します。ステロイドを注射する性質のため、回数の上限を5回までとしています。それでダメなら手術で腱鞘を切り開いて治療します。ただしこの手術には問題もあります。術後数年後に患部が瘢痕化して痛むことが多いです。

最初に「ステロイドを注射」と簡単に書きましたが、これが恐ろしく痛い、大の大人が悶絶すらできないくらいに。手の平や足の裏、指先などは神経が最も過密に分布している場所で、それを図るには「二点分別域」という仕分けがされます。これは先の細いコンパスのようなもので二つの点を作り、その幅で神経の過密度を測るものです。背中やお尻などは3~5cmと大きく開くコンパスが、指や手のひらでは1cm未満になります。
だから指や手でで物を触ってそれが何であるかを判断しやすいのです。それが裏目に出るのがこの注射などをするときです。

そのため、当院で相談を受けるのは「ばね指の注射をしないで治したい」という場合です。

ご安心ください。 あります、それが超音波治療器による治療です。
最も超音波での治療でも全く痛みがないわけではありませんが、ステロイド注射と比べてその痛みは100分の1。
もちろん傷も後遺症も残りません。安心して施術を受けていただけます。

手術は嫌だし後遺症も怖い、という方はぜひ一度ご相談ください。お力になります。

むち打ち,交通事故治療、五十肩、ぎっくり腰 も 新小岩ひかる接骨院へ

夜8:00まで受付
月~金 9:00~12:30
    15:00~20:00
土日  9:00~13:00

水祭 休み

03(5879)3542

交通事故のホームページはこちら→http://www.koutsujiko-chiryou.net

投稿者 新小岩ひかる接骨院 | 記事URL

2021年10月21日 木曜日

肋間神経痛の勘違い

胸や脇腹などで出る痛み、「肋間神経痛」。
薬やシップではなかなか良くなりませんよね?。12本の肋骨の間を通る神経なので肋間神経と言われています。
実はこれに関わるのが背中にある肋骨と背骨の関節、我々は「肋椎関節」と呼んでいます。

肩甲骨の間にも影響が強い関節で、背部の痛みではこの関節の治療が大切です。脇腹の痛みは肋骨の間の筋肉「肋間筋」肩甲骨の間の痛みには「菱形筋」が原因筋になります。これらを治療するのに肋椎関節の治療が欠かせません。

ほとんどの場合、肋椎関節を治療することでこれらの症状は改善します。その場で改善することもほとんど。これは肋椎関節の鞍のような特殊な形状によるのですが、特殊な動きにより関節をもとの位置にはめ込んでいきます。これにより、神経症状は改善します。

通常、一週間程度で改善します。今の治療に満足出来なくて、一か月以上治療しても改善が見られないなら一度、ご相談ください。
むち打ち,交通事故治療、五十肩、ぎっくり腰 も 新小岩ひかる接骨院へ

夜8:00まで受付
月~金 9:00~12:30
    15:00~20:00
土日  9:00~13:00

水祭 休み

03(5879)3542

交通事故のホームページはこちら→http://www.koutsujiko-chiryou.net

投稿者 新小岩ひかる接骨院 | 記事URL

2021年10月17日 日曜日

神経痛について

暑かった残暑もようやく終わりそうですね。本日は日曜日ですが生憎の雨、予想気温は18℃。

こんな時に出てくるのが神経痛です。坐骨神経痛・三叉神経痛・肋間神経痛・・・。

雨で外出ができなくなった今だから一度、真剣に神経痛を治療してみましょう。

その神経痛は本当に薬で良くなっているのですか? 1年も2年も薬を飲み続けていませんか?

当院では可能な限り、短期間で症状を改善できます。

一度、ご相談ください。
むち打ち,交通事故治療、五十肩、ぎっくり腰 も 新小岩ひかる接骨院へ

夜8:00まで受付
月~金 9:00~12:30
    15:00~20:00
土日  9:00~13:00

水祭 休み

03(5879)3542

交通事故のホームページはこちら→http://www.koutsujiko-chiryou.net



投稿者 新小岩ひかる接骨院 | 記事URL

アクセス


大きな地図で見る
■住所
〒124-0024
東京都葛飾区新小岩2-13-1-102

お問い合わせ 詳しくはこちら