ホーム > 院長紹介

初めて当院にいらっしゃる方へ

初めて当院にいらっしゃる方へ

院長紹介

院長紹介

筋肉や骨の不具合からくる痛みや痺れ、ケガの後遺症による不調や違和感・・・・・・。
当院へいらっしゃる患者さんたちの悩みは実にさまざまです。痛みや痺れがどれだけ辛いかは、本人にしかわかりませんし、また、症状の原因が、思いもよらないところにあるといったこともよくあります。

「本当によくなるのだろうか?」「これ以上痛くなったら外出するのも面倒になってしまう・・・」など、ひとりで悩みを抱えてしまう前に、どうぞ当院にご相談ください。

私は、整形外科のリハビリ科で数多くの症例に出会ってきましたが、いつも「原因を探り、改善のためのアプローチを患者さんと一緒に実践する」ということを念頭に治療にあたってきました。「手当て」という言葉の語源は、「痛む場所に、いたわりの気持ちを込めて手を当てると、楽になる」ということだそうです。私は、患者さんの身体に手を触れるとき、いつもこのことを思い出しています。

皆さんが、当院で身体の不調を改善され、笑顔で楽しい毎日を過ごせますように・・・・・・。

新小岩ひかる接骨院 院長 小林俊之

プロフィール

中央医療学園専門学校卒業。
都内、千葉県の総合病院整形外科のリハビリ科で8年間勤務したのち、新小岩ひかる接骨院開院。
地域密着型の「町の頼れる治療家」をポリシーに奮闘中

治療の流れ

「初めての接骨院で、不安や緊張感から、相談したいことが半分も話せなかった・・・・・・」という方も少なくないようです。当院では、そのようなことがないように、明るく何でも話せる雰囲気づくりを大切にしていますので、ご安心ください。

患者さんの身体の状態をしっかり見極めることは、適切な治療への第一歩であると同時に、お互いの信頼感を高めるための最初のステップです!
①問診表記入
問診表記入

来院されましたら、問診票に現在お悩みのこと、過去の病歴について、などをご記入いただきます。
気になっていることや、不安に感じていることなどがございましたら、ご遠慮なくお書きください。
問診票にうまく書けなかったことがあっても、治療前に口頭での問診を行いますので、心配はありません。

次へ
②カウンセリング
カウンセリング

ご記入いただいた問診票を参考にしながら、対面でのカウンセリングをいたします。
今、何に困っていて、思い当たる原因が何なのか?
今後どのような改善を目指したいのか? などについて、お話ししましょう。

当院でのカウンセリングは、いわゆるインフォームドコンセントとしての意味合いも持っています。

次へ
③治療
治療

カウンセリングで得られた情報をもとに、実際の治療を開始します。
患者さんの身体の状態を確認しながら無理のない治療を心がけていますので、リラックスしてお受けください。
患者さんの何気ないひと言にヒントが隠されていることも多いものです。できるだけ、患者さんと会話しながらの治療を進めます。痛みがある場合は、筋肉の緊張が生じている状態なので、まずはこの緊張を取り去ってから治療に入ります。

次へ
④治療後説明
治療後説明

現時点での治療の結果と見通し、また今後どのくらいのペースで来院されるのが望ましいのか?などを、わかりやすくご説明します。

改善目標と実際のプロセスについての情報を、お互いに共有することが、無理のない効率的な治療につながります。

アクセス


大きな地図で見る
■住所
〒124-0024
東京都葛飾区新小岩2-13-1-102

お問い合わせ 詳しくはこちら