ホーム > 交通事故治療について

交通事故治療について

交通事故治療について

当院での交通事故治療の特徴

当院での交通事故治療の特徴

国家資格を有する当院で、質の高い治療を。
複数の医療機関(病院など)での同時治療も可能です!

交通事故によるケガは、その性質上、体へのダメージが大きいケースが多く、ときには後遺症を引き起こすこともありますので、慎重な治療が求められます。
また、事故直後は問題がなくても、数日もしくは数カ月経ってから不具合が現れるケースも多く、これも交通事故によるケガの特徴といえるでしょう。

ただし保険制度上、事故から1カ月以上経過してからの不調といった場合、その痛みが事故に起因するものかどうかを証明しにくいという現実もあります。
したがって、体に不具合を感じたら、できるだけ早く受診することが望ましいのです。

通常、交通事故の場合、自賠責保険が適用されるため、治療費はかかりません。また、当院では、交通事故にあわれた患者さまに、お見舞金5,000円をお支払いしています。
*交通事故の場合は、病院での診断および診断書が必要となります。

交通事故による代表的な症例:むち打ち

「むち打ち」とは?
「むち打ち」とは?

交通事故で、もっとも発生頻度が多いのが「むち打ち」です。
たとえば、車に乗っていて追突事故に合った場合、体が前に押し出されますが、頭だけは残ってしまいます。このとき、頸椎を支点にして、むちがしなるような状態になることから「むち打ち」と呼ばれています。


頸椎や胸椎、腰椎などに対し、瞬間的に大きな外力がかかり、結果的に、筋肉や靭帯、関節包などに損傷を引き起こしてしまうのです。むち打ちというと首の痛みを連想しますが、胸椎や腰椎に損傷が及んだ場合、痛みが発生するのは、その限りではありません。

「むち打ち」の症状

①首(頸部)を動かすと痛みがあり、首だけでなく肩の動きまでが制限されることがある
②後頭部や背中に痛みを生じる。場合によっては頭痛やめまいも引き起こす
③首、肩、背中などが激しくこり、違和感があると同時に痛みがとれない
④痺れやマヒ、さらには筋力の低下や反射異常を起こす
⑤知覚障害を引き起こす
⑥耳鳴り,吐き気、目の異常な疲れ、倦怠感、不眠症など

交通事故における治療の流れ

①ご来院のさいは、加害者の住所、氏名、連絡先に加え、事故後受診した病院での診断名をお伝え下さい。


 
②受診票に、事故発生日時、事故状況、医師の診断内容と受診医療機関名、保険会社の連絡先、現在の身体の状況などをお書きいただきます。

③痛みや痺れ、違和感など、感じておられる不具合を詳しくお聞きします。
事故を境に現れた不具合については、特に慎重にお話をうかがいます。


④触診によって、まずは神経症状の有無、機能障害の有無を見極めます。
さらに、痛みや痺れなどが、どの神経を経路に伝わっているのかを調べます。


 
⑤診断によって得られた内容を、わかりやすくご説明し、患者さんにあった治療プランをご提案します。
その後、各種の物理療法や理学療法を行います。同時にご家庭におけるケアも指導説明させていただきます。


⑥当日の治療によって、何が改善し、何が改善しなかったかを明確にし、治療プランの精度を高めます。
もちろん、これらについての情報は、患者さんと共有します。
アクセス


大きな地図で見る
■住所
〒124-0024
東京都葛飾区新小岩2-13-1-102

お問い合わせ 詳しくはこちら